コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。悪玉と聞くと体に悪いもの、善玉と聞くと体に良いものというイメージが浮かぶのではないでしょうか?しかし実際は悪玉コレステロールも善玉コレステロールも人間の体に必要な物質です。悪玉と善玉、2つのコレステロールの違いについて解説していきます。

悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも呼ばれる脂質の一種です。コレステロール自体は過剰摂取すると生活習慣病の原因となります。
しかし体内で細胞膜を作ったり、ホルモンを作ったり、胆汁酸を作ったりと様々な働きをするため、必ず必要な成分でもあります。コレステロールは脂質の一種であるため、通常水である血液に溶けることはできません。そのため、水に溶ける性質がある「リボタンパク質」となることで、血液の流れに乗り全身に運搬されて行きます。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)はコレステロールが水に溶けるようになったリボタンパク質の一つです。
悪玉コレステロールは肝臓で合成されたのち、全身に運搬されます。その後、細胞膜やホルモン、胆汁酸の原料として使われます。
しかし悪玉コレステロールが過剰になり、血液中に増えると血管壁に付着してしまい、さらに活性酸素の働きにより酸化してしまうことで血管を狭くして動脈硬化を引き起こします。

善玉コレステロール

善玉コレステロールはHDLコレステロールとも呼ばれる脂質の一種です。悪玉コレステロールと同じく肝臓で合成されたのちに、全身に運搬されます。悪玉コレステロールがコレステロールを全身に供給する性質を持っているのに対して、善玉コレステロールは過剰な悪玉コレステロールを肝臓に戻す働きをします。善玉コレステロールが正常に働いていると過剰な悪玉コレステロールが血液内から肝臓に戻るため、動脈硬化のリスクを下げることができます。
善玉コレステロールの値が低いと余剰分の悪玉コレステロールが血液内に留まり続け、動脈硬化を始めとする生活習慣病の原因となります。コレステロール値と言えば悪玉コレステロール値ばかり気になってしまいがちですが、善玉コレステロール値も非常に重要です。

現代人は特に悪玉コレステロール値が過剰になってしまいがちです。食生活を改善したり、定期的に運動をしたりして悪玉コレステロール値を下げるように意識することが重要です。そのためにも年に1回、健康診断は受けるようにして常に自分のコレステロール値を把握できるようにしましょう。