DHA、EPAともに魚の脂に豊富に含まれるn-3系の脂肪酸です。体内ではリノレン酸から合成されるため、現在では1日の摂取目安量は設定されていません。
しかしDHA,EPAともに健康に対して非常によい影響を及ぼします。

DHAとは

DHAはドコサヘキサエン酸という物質です。不飽和脂肪酸の一つで、サバやアジ、サンマといった青魚に豊富に含まれています。
DHAは血流を改善して善玉コレステロールを増やす働きをします。
現代は悪玉コレステロール値が高くなりやすく、それにより様々な生活習慣病のリスクが高まります。DHAを摂取することにより悪玉コレステロール値を下げる働きをする善玉コレステロールが増加し、生活習慣病をはじめとするさまざまな病気を予防する効果が期待できます。DHAの摂取で予防が期待できるものには動脈硬化や高血圧、脂質異常症などが挙げられます。
またDHAは脳の働きを維持する効果もあります。脳は「脳血管関門」という関所なようなものがあり、特定の物質以外は入ることができません。
しかしDHAは脳血管関門を通過することができ、脳の神経伝達物質の働きを向上させる働きがあります。
認知機能が低下しやすい高齢者などが摂取すると脳の機能の改善が期待できます。

EPAとは

EPAはエイコサペンタエン酸という物質です。DHAと同じく不飽和脂肪酸の一つで、魚に多く含まれています。イヌイットの人々は魚をよく食べ、心筋梗塞での死亡率が低いということがよく知られていました。その事実から魚に含まれるEPAが注目され、研究が進み血流に対する改善効果があるということが判明しました。
EPAを摂取すると赤血球が柔らかくなり、血流が良くなります。そのため動脈硬化や心疾患、脳血管疾患といった病気を予防する効果が期待できます。また血液を固める血小板という物質の働きを抑制する作用もあります。この2つの作用により血流の流れをよくする作用に優れています。EPAは抗血栓作用や血流改善の薬品として認可が下りるほど、効果の高い物質です。血流の流れに不安がある場合、積極的に摂取するとよいでしょう。

DHA、EPAともにどちらか一つだけ摂取すればいいというものではありません。その作用は2つ摂取することで高まります。日常的に魚を食べたり魚油の含まれたサプリメントを摂取したりすることでコレステロール値を下げたり、動脈硬化を予防したりといった効果が期待できます。日常生活の中では1日3食のうち1食は魚を食べるように心がけるとよいでしょう。

この記事の執筆者
医師/大見貴秀