悪者にされがちな悪玉コレステロールですが、実は人体に必要不可欠な物質です。健康診断で悪玉コレステロール値が高いと言われると不安になりますよね。悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いを知り、適切な対策を行いましょう。

コレステロールとは

コレステロールとは脂質の一種です。コレステロール自体は決して悪いものではなく、ホルモンを作ったり細胞膜を作ったりと体内で重要な役割を果たします。コレステロールは食品から摂取するほか、体内でも合成されます。そのため不足することはほとんどなく、むしろ過剰になりやすい成分と言えます。コレステロールは脂質のため、水に溶けることができません。そのため、身体の隅々まで運搬するためには形を変える必要があります。

悪玉コレステロールとは

悪玉という名前が付くため悪いものと思われがちな悪玉コレステロールですが、人体には必要不可欠です。コレステロールは脂質のため、水に溶けることができず血液とともに運搬することができません。悪玉コレステロールはコレステロールが形を変え、血液に溶けるようになったものを指します。肝臓で合成された悪玉コレステロールは血流に乗り、全身に運搬されます。仮に悪玉コレステロールがなければコレステロールを運搬することができずに、ホルモンや細胞膜を作ることができなくなります。ただし血液中に悪玉コレステロールが過剰になると動脈硬化の原因となり、脳血管疾患や心疾患の原因となります。悪玉コレステロールは低ければいいというものではなく、あくまで適量は必要なものという認識が重要です。

善玉コレステロールとは

悪玉コレステロールが肝臓から全身にコレステロールを運搬するのに対して、善玉コレステロールは全身のコレステロールを肝臓に戻す働きをします。善玉コレステロール値が低いと血液中の悪玉コレステロール値が高くなり、生活習慣病などのリスクが上がります。悪玉コレステロールも善玉コレステロールもどちらも人間に必要な物質です。どちらが高ければいい、低ければいいというものではなくあくまでバランスが重要になります。

現代ではカロリーの過剰摂取や運動不足によって悪玉コレステロール値が高くなりやすい傾向にあります。悪玉コレステロール値が高くなると様々な病気のリスクが上がり、健康寿命を害してしまいます。カロリーの過剰摂取を避け、定期的な運動を行い、飲酒や喫煙を控えるなどの生活習慣の改善により悪玉コレステロール値を低くすることができます。

この記事の執筆者
医師/大見貴秀
専門分野:麻酔科